サターンのパーツ高価買取

サターンについて

燃費と信頼性の問題で自国市場を日本車に食われていたゼネラルモーターズが、挽回策として1985年に立ち上げたブランド。リサーチに基づき米国内のディーラー網も再整備し、「SL」や「SC」などの小型車を投入しました。そして1997年に満を持して日本市場にサターンの車両とディーラー網を投入。「日本車キラー」との触れ込みでしたが、日本市場には受け入れられなかったようで、2001年には早くも撤退してしまいました。