デ・トマソのパーツ高価買取

デ・トマソについて

アレハンドロ・デ・トマソが1959年にモデナで創業した自動車メーカー。最初の数年間はフォーミュラマシンばかりを作っていましたが、1963年頃からは一般車両の製造も開始。そして1971年に生まれたパンテーラは大ヒット作となり、日本でもスーパーカーブームの時期とちょうど重なったということで知名度を上げました。しかし2003年にアレハンドロが亡くなると、デ・トマソ社は2004年に解散。現在は、商標権を獲得した実業家により新生デ・トマソが誕生しています。