フジツボ(FUJITSUBO)マフラーの買取査定

フジツボ(FUJITSUBO)マフラーの買取査定のメーカー一覧はこちら

 

「フジツボ」と聞いて、まず思い浮かべるのは“マフラー”でしょう。
しかし、福岡県糟屋郡(かすやぐん)にも同じ名称の自動車関連の店舗があります。
その名も「藤壺自動車工業」。
希少なヒストリックカーが並ぶこのお店、ルーツをたどればマフラーの「FUJITSUBO」と同じ原点を持つのだそうです。
その歴史は日露戦争の終わり、1908年(明治41年)に藤壺満喜氏が出身地の熊本県に「藤壺鉄工所」を設立したところからスタートします。
同年、藤壺勇氏が誕生。
1913年(大正2年)には弟の勝氏が生まれます。
2人とも小学生になるころにはエンジンが組めるまでになっており、家業を手伝うようになります。
当時、藤壺鉄工所では、ガソリンエンジンのみならず、ガスや蒸気機関など、さまざま発動機の整備を行っていたそうです。
そこからときは流れ1931年(昭和6年)。
勇氏と勝氏の“藤壺兄弟”は、福岡県博多区で販売・修理業を開業します。
1933年(昭和8年)には、現在の前身となる「藤壺モータース」を設立します。
2輪と3輪車の販売と修理をメインとし、同時に全国のバイクレースにも参戦。
各地で優勝を重ねるようになります。
その後、日中戦争や太平洋戦争が勃発し、福岡市内も大空襲に遭いましたが、
工場の工具や機械は地中に埋められていて難を逃れたそうです。
1951年(昭和26年)、兄の勇氏は神奈川県横浜市に移り住み、プロのレーサーの道へ進みます。
同時にパーツ開発にも進出し「藤壺技研工業」を設立し、日本を代表するマフラーメーカーとなっていきます。
弟の勝氏は、工場を引き継ぎ「藤壺自動車工業」を経営していきました。
その87年の歴史を持つ福岡の旧車ショップこそが、マフラーで有名なフジツボのもうひとつの「フジツボ」なのです。