[買取事例] ABARTH アバルト 124 スパイダー 純正 ハイパフォーマンス エキゾーストシステム “Record Monza”

お世話になっております。外車パーツ王です。
本日の買取事例は、「 [買取事例] ABARTH アバルト 124 スパイダー 純正 ハイパフォーマンス エキゾーストシステム “Record Monza”」のご紹介です。

 

 

またまた外車パーツ王が大好物のアバルトの純正パーツが巡ってきました。

まだあまり多く見かけることの無い、アバルト124スパイダーの純正オプション品、

“Record Monza レコードモンツァ”の4本出しマフラーでございます。

以前アバルト500の純正ホイールの買取事例でも触れたことがございますが、

アバルトのサウンド、エキゾースト音は、車好きを満足させる官能的なサウンドなのです。

ノーマルでももちろん良い音ですが、このレコードモンツァのマフラーを取り付ければ、

数分ドライブするだけで、車好きをニンマリとさせるに十分な音色を奏でてくれます。

アバルトファンの方は既にご存知かと思われますが、アバルトの歴史は自動車メーカーではなく、発足はレーシングチームなのです。
レースに参戦するための資金稼ぎとして、FIATの量産モデル用へのチューニングパーツの開発・販売をしたのが、そもそもの「アバルト ABARTH」の始まりでございます。

そして、様々なチューニングパーツの中でも、特に品質が高く、カスタムパーツとして人気を博していたのが、エキゾーストシステムです。当時のアバルトを支えていたと言っても過言ではありません。

「レコードモンツァ」とはもとは1950年台に開発されたアバルト製のレーシングカーに与えられた名称です。
「レコードモンツァ」の名称を得たレーシングカーは、当時の世界記録を次々と塗り替え伝説となっていきました。

その伝説的な名称を授かったマフラーが、今回のマフラーでございます。
アバルトは各ラインナップに純正オプションとして「レコードモンツァ」のマフラーを設定しております。
車を運転する上で乗り心地も確かに大切ですが、やはり車好きは”音”にこだわるものです。

そして重要なポイントは、「アバルト124が速すぎる車ではない」ということ。
決して悪口を言っているわけではありません!

例えばフェラーリの458を購入したとして、実際に運転して音を楽しみたいとします。
5,000回転オーバーを日本のどこで回しますか??

アバルト124であれば、街乗りで十分に3,000回転以上を回すことが出来ます。
いわゆる「踏み切れる車」として愛されているのです。

マツダのロードスターのOEM車両のため、根っからのアバルトファンからは賛否両論あるようですが、
実際のクオリティはさすがアバルトの一言でございます。

このようなアクセルを踏んで楽しめる車(アバルト、アルファロメオ、プジョー)などのカスタムマフラーは市場価値も非常に高く、外車パーツ王も自信をもって高価買取することが出来ます。

是非!お問い合わせ下さいませ!

 

 

 

外車パーツ王は外車パーツの専門店
外車に特化して18年!輸入車専門のノウハウがあるから高価買取が可能です。 外車パーツ専門の買取店は外車パーツ王だけ!他社に負けない高額査定に自信がございます。
査定、送料は全て無料。HP、LINEからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う