[買取事例] 希少 PORSCHE ポルシェ 911 930 社外 カスタム エンジンフード リアスポイラー ホワイト

お世話になっております。外車パーツ王です。

本日の買取事例は、「希少 PORSCHE ポルシェ 911 930 社外 カスタム エンジンフード リアスポイラー ホワイトカラー」のご紹介です!

弊社の大好物、空冷ポルシェのパーツを買取させていただきました!
911 930のリアビューをRSRルックへとカスタムする社外のリアウイングです。
この大きさがたまらんです。。。
これだけ大きいウイングが似合うのは、ポルシェ911だけでしょう。
それも、欲を言えば空冷モデルのポルシェが一番似合います。
ポルシェは後ろからのアングルが一番セクシーだと言う人も少なくありませんが、
これだけ大きいウイングをつけても下品にならないのは、空冷ポルシェの特権でしょう。

もしかすると車には全く興味の無いかたいるかもしれません。ちょこっとだけ補足致しますと、
普通の車は当然、エンジンはボンネット開けた前に積まれています。
しかし、このポルシェの911モデルは、エンジンが後ろ側に付いています。
したがって、この品物もリアウイング兼エンジンフード(ボンネット)ということになります。

また、この年代の911は「空冷」というシステムでエンジンの冷却を行っています。
通常の車が冷却水を使ってエンジンの冷却を行っているのを、
空冷のポルシェは空気を直接あてて冷却をしているのです。
そのため、この大型のリアウイングは見た目だけでなく、機能面としても理にかなっていて、
走行中に後ろに流れてくる空気を、存分にエンジンに当てるための大型ウイングなのです。

現に、この製品のような社外に限らず、
911のターボモデルには、このウイングに引けをとらないくらい、大型のウイングが純正で装着されているのです。

年々、車両価値が高まっていき、車両価格が跳ね上がっている空冷ポルシェですが、
それは車両に限らず、パーツも同様です。
人気な車両ということにも関わらず、どんどんパーツは減っていきますので、価値はとても高いのです。

そして、カレントと聞けばポルシェ屋とイメージされる方もいらっしゃるくらい、
空冷ポルシェの車両、パーツの査定、販売に絶対の自信をもっております。
空冷ポルシェのパーツは、価値を知っている人と知らない人が査定をすれば、
査定額は平気で10万円以上の開きが出てくるでしょう。

空冷ポルシェパーツの査定は、ポルシェのプロである外車パーツ王にお任せくださいませ!
査定は無料。
お気軽にお問い合わせくださませ!