[買取事例] ジープ ラングラー JK 純正 フロントバンパー 牽引フック&レインフォース付き 新車外し他

お世話になっております。外車パーツ王です。
本日の買取事例は、「ジープ ラングラー JK 純正 フロントバンパー 牽引フック&レインフォース付き 新車外し」のご紹介です。

 

1-12-100479-002_1

ジープ ラングラー JK 純正 フロントバンパー  新車外しが入荷致しました。

ジープ ラングラーと言えば、現行車は2007年デビューとなりますが、10年経った今でも人気が落ちるどころか、販売台数は伸びる一方で、アメ車のナンバーワンとも言われています。

クライスラーにおいても、ジープブランドにより力を注ぎ込み、ジープ専門店を全国的に展開していくとの話もあるそうです。

ラングラーと言えば、やはり無骨なイメージが強いですが、アフターパーツも充実していて、今回のお客様も納車早々に社外バンパーに交換されて、新車外しの状態で純正バンパーをお譲りいただきました。

外車パーツ王では、中古パーツの相場にも影響与える、外車全体の動向に常に睨みを利かせています。と言うよりは、ただ単に外車が好きなので、そんなことばかり考えているというのが正しい表現かもしれません。

やはり、人気のあるお車のパーツは高く買えます。

ノーマルバンパーでも買って貰えるんですか?という質問が飛んできそうですが、売れていてアフターパーツが豊富な車種には、必ず純正戻しという需要があるんです。その他に、板金修理ももちろんあるでしょう。

もし、ラングラーでカスタマイズをお考えでしたら、是非一度ご相談くださいませ。

外車パーツ王が、純正から社外までよろこんで買取らせていいただきます。

 

「新車外し!! グッドイヤー ラングラー WRANGLER 245/75R17 ホワイトレター 4本セット」のご紹介です。

1-11-100479-001_1

新車外し!! グッドイヤー ラングラー WRANGLER 245/75R17 ホワイトレター 4本セットが入荷致しました。

商品は、中古品となりますが、まだペイントが残っていて、新品同様と言っても過言ではありません。

新車外しという言葉には、とくに決まった定義はありませんが、外車パーツ王ではお車の納車前に外した物を新車外しと考えております。

ですから、外車パーツ王の新車外しは今回のような極上品ばかりです。

お車に拘りの強い方は、タイヤも好みの銘柄に交換されます。

そして、余ったタイヤは行き場を失ってしまいますが、メーカーやサイズによっては高価買取が可能な場合がございます。

ただ、ビート切れだけには注意が必要です。

タイヤの脱着は基本的に廃棄が前提の作業となりますので、まずは外車パーツ王に査定の申込みをいただき、引き取りの旨をお伝えして作業を依頼されるのが良いかと思います。