[買取事例] アウディ A5 スポーツバック 純正 245/40R18 contisportcontact 2019年製造タイヤ

お世話になっております。
外車パーツ王の小宮と申します。
本日の買取事例は、「アウディ A5 スポーツバック 純正 245/40R18 contisportcontact 2019年製造タイヤ」のご紹介です。

 

美品の現行アウディ A5 純正 245/40R18 タイヤ&ホイール 4本セットが入荷致しました。最近、社外ホイールとの性能差を殆ど感じなくなってきた純正ホイールですが、一般的に同サイズなら純正ホイールは重く、社外のスポーツ系ホイールの方が軽いと言われております。純正ホイールは自動車メーカー独自の強度、耐久性、防錆性能などの社内基準にも合致させながら、尚且つ低コストで造る必要があります。自動車メーカーの開発者によると、縁石のような背の高いクルマ止めを乗り越えても曲がらない強度が必要なため、純正ホイールは重たくなる傾向にあります。一方、社外ホイールは、自動車メーカー程厳しい基準は設けておりません。コストを掛けられるスポーツホイールならば、製法を変えて強度や剛性を高めつつ、軽量に仕上げることが出来ます。そういう意味では、社外アルミホイールの方が、設計自由度は高いと言えます。ホイールの軽量化によるメリットは大きく、モータースポーツの世界では足回りの1kgの軽量化はボディ10kgの軽量化に匹敵すると言われております。確かにホイールが軽くなるとフットワークが軽快になり、スッキリした乗り味になります。また、バネ下重量が軽くなるため、足の動きがスムーズになり、クルマの運動性能も高まります。但し、メリットを受けるのはサーキットなどのスポーツ走行を行なう場合に限られます。また、良く言われている燃費の向上も思った程期待出来ませんので、街乗りメインの方にとっては、デザイン面以外であまりメリットを感じることは無いと言えます。では、純正の重いホイールにメリットはないのかと言うと、決してそんなことはありません。特にプレミアムクラスの高級セダンの場合、ホイールの重さも含めてしっとりした乗り心地を作り出しているので、ホイールを軽くすると、路面の微細なギャップを拾って、低中速域などで逆に乗り心地が悪くなる傾向にあります。運動性なら軽量化のメリットはありますが、乗り心地に関しては、軽量化するとかえって悪くなる可能性があることも理解しておく必要があります。ホイールは軽さやデザイン面に目が行きがちですが、トラブルがそのまま事故につながる重要なパーツとなりますので、そういう意味では、品質が保証された純正ホイールはとても魅力的な商品と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外車パーツ王は外車パーツの専門店
外車に特化して18年!輸入車専門のノウハウがあるから高価買取が可能です。 外車パーツ専門の買取店は外車パーツ王だけ!他社に負けない高額査定に自信がございます。
査定、送料は全て無料。HP、LINEからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う