[買取事例] 美品 トヨタ スポーツ 800 など ワタナベ エイトスポーク 145SR13 13×5J+30 PCD110 ブリヂストン SF-213 4本セット

お世話になっております。

外車パーツ王です。 本日の買取事例は、「美品 トヨタ スポーツ 800 など ワタナベ エイトスポーク 145SR13 13×5J+30 PCD110 ブリヂストン SF-213 4本セット」のご紹介です。

超レアなトヨタ スポーツ800適合のワタナベ エイトスポーク 13インチ ホイールのみ 4本セットが入荷致しました。

さて、ヨタハチの愛称で親しまれている、「トヨタ スポーツ800」ですが、懐かしのヨタハチの歴史について、少しご紹介させていただきます。

トヨタ スポーツ800は、1964年~1969年にかけて販売はされていた小型のスポーツカーです。

可愛らしい見た目や小型ながら高性能であったことから、「ヨタハチ」の愛称で親しまれていました。

当時は、595,000円で販売されましたが、総生産数は3131台と当時の情勢と相まって、あまり売れ行きは良くありませんでした。

しかし、水冷2気筒エンジンが奏でる、バタバタバタといったエンジン音は懐かしい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ベース車両といわれているのは、「トヨタ パブリカ」という小型の乗用車です。

1962年よりトヨタ自動車の関連会社である関東自動車工業にて開発がスタートしました。

元々は、パブリカスポーツと言う名称で開発が進められておりましたが、パブリカのエンジンとシャシーを流用して開発される予定でしたが、実際にはシャシーは共通で、パワー不足を補うために約100ccの排気量アップとツインキャブレター化により、28馬力から45馬力へとパワーアップ致しました。

また、トヨタスポーツ800の開発には、航空機技術が応用されており、不足するエンジンパワーを補うために徹底的な軽量化やボディデザインも空気抵抗を徹底的に抑える形となっております。

また、試作段階では、ドアの代わりにキャノピー型を検討していたそうです。

しかし、実用面や安全面の懸念から不採用になってしまいました。

この軽量化と空力の効果は絶大で、レースにおいてツインカム採用でハイパワーなホンダS600、S800の良きライバルとなったのです。

外車パーツ王では、国産旧車パーツの買取を強化しております。

タイヤ&ホイール以外でもステアリングやシフトノブ、当時物のオイルフィルターの未使用品まで買取らせていただいております。

倉庫に眠っている国産旧車パーツがございましたら、先ずは外車パーツ王にご相談ください。

 

外車パーツ王は外車パーツの専門店
外車に特化して18年!輸入車専門のノウハウがあるから高価買取が可能です。 外車パーツ専門の買取店は外車パーツ王だけ!他社に負けない高額査定に自信がございます。
査定、送料は全て無料。HP、LINEからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う