[買取事例] 超希少 超美品 BMW 5シリーズ E12 純正 ヘッドライトグリル フロントグリル 左右セット

お世話になっております。外車パーツ王です。

本日の買取事例は、「[買取事例] 超希少 超美品 BMW 5シリーズ E12 純正 ヘッドライトグリル フロントグリル 左右セット」のご紹介です。

またまたものすごいパーツをお譲りいただきました。
BMW E12のヘッドライトグリルです。
1972~1981年の間販売されたBMW 5シリーズの初期モデルでございます。

正直、興奮しております。。。
E12の部品が出てきたことにまず驚きですが、
一番の驚きはこのパーツの状態の良さ!

あまりにも綺麗すぎて一瞬、社外のアフターパーツかと錯覚を覚えるくらいです。

大変失礼致しました。BMW刻印の入っているれっきとしたBMW純正品でございます。

単純計算をしても、製造から約40年ほど経過しているパーツになります。
中古といえどコンディションもバツグン。1、2箇所小傷があるくらいの超美品でございます。
前オーナー様がどれだけ大切に保管されていたかが、パーツを見るだけで伝わってまいります。
断言しても良いです。
全世界を探しても、ここまで状態の良いE12の中古ヘッドライトグリルは存在しないでしょう!

何故外車パーツ王が旧車のパーツを得意としているのかといいますと、
弊社のルーツが旧車にあるからなのです。
弊社はネオクラシックカー1970~1990年前半などの車両を中心に取扱っている自動車の販売店からスタートしました。
自動車の販売から自動車の買取を始め、同時に輸入車専門の整備工場もございます。
どれも古い輸入車をメインに取り扱って今日まで営業させていただいており、
そのノウハウは外車パーツ王にもしっかりと受け継がれております。

先日の買取事例でも記載させていただきましたが、
この旧車を大切にして乗り続ける文化を後世に繋いでいきたいと
外車パーツ王は本気で考えております。
そのため、他社さんでは価値が分からない、買取が出来ないようなパーツにも、
積極的に買取が出来るように対応させていただいております。

昨今、ハイブリット車や電気自動車が流行しており、エコが騒がれております。
あくまで個人の意見とはなってしまいますが、良い物を長く使うことこそ、真のエコではないかと考えます。
日本では古い車両の税金は高くなりますが、自動車の先進国であるドイツでは、古い車両の税金は逆に安くなるのだそうです。
日本にもそのような物を大切にする文化が定着すれば良いですね!
外車パーツ王がそのような環境つくりのキッカケになっていきたいと思います。